先送りせずにすぐやる方法


◯なぜすくやれないのか分析する
  • 分析①:選択できていない ← 対策①:選択する
    • まずは一つに絞る
  • 分析②:決定できていない ← 対策②:決定する
    • 本当にそれをする気があるか
  • 分析③:準備できていない ← 対策③:準備する
    • すぐやるためには準備が必要
  • 分析④:実行できていない ← 対策④:実行する
    • 環境やストレスなど原因を見つける


◯選択
  • 現状の「快楽を捨てる」ということに注力
    • 対策:一旦ニュートラルになる
  • 「とりあえず」やらない
    • 対策:「とりあえずやらなければ」という気持ちを排除する

◯決定
  • 最大の損失を先取りする
    • 対策:やりたくない理由の中でも最大のものを書き出す

◯準備
  • まず準備をする
    • 対策:「すぐやろう!」ではなく「まず準備しよう!」という意識に切り替える
  • 未来の自分がすぐに取り掛かれるように準備しておく
    • 対策:Evernoteでやることリストを作成しチェックボックスをつけておく
  • すぐに実行できるところまで分解する
    • 対策:分解していって、すぐできるところを探す
    • 誘導タスクを設定する(「最初の一歩」を踏み出すための作業を考える)
  • 白紙状態からはじめない
    • 対策:「過去にうまくいったもの」を利用する

◯実行
  • 優先度を比較する前にやってしまう
    • 対策:朝いちばんにやる
  • 見通しをつける
    • 対策:見通しをつけるためにも「少しだけやってみる」
  • 「結果」ではなく「数」にフォーカスする
    • 対策:失敗する確率を不安視するよりも、回数をこなして成果を出す


◯その他
  • メールは「下書き」をしておく
    • 対策:勉強会、交流会、飲み会等で事後にメールを送る可能性がある場合は事前に下書きを書いておく
  • 今の状況を正直に伝える
    • 対策:メールはできるだけ正直に書く
  • 習慣にする
    • 対策:条件付けをする:すぐやったあとに「快が得られかどうか」

Takao Inoue